薬局でよくある質問

Q.お薬手帳って何ですか
お薬手帳には、いつも飲んでいるお薬や、これまで飲んだお薬の履歴、アレルギーなどの大切な情報が書いてあります。同じ薬効のお薬の重複投与を防いだり、飲み合わせの悪いお薬を飲んでしまうことや、体に合わないお薬が再度処方されることを回避したりすることができます。また、お薬に関する質問やお困りのことを記録することで、次に薬局を訪れた時にアドバイスを受ける伝言板として役立てることもできます。
Q.他の薬局のお薬手帳を出しても大丈夫ですか
お薬手帳は、何冊も持ってしまうと薬の履歴管理のメリットがなくなってしまいます。どちらの薬局で受け取ったお薬手帳でも構いませんので、情報を1冊にまとめることが大切です。
Q.処方せんをもらったら、その日に薬局にもって行かなきゃダメですか?
処方せんの使用期間は「保険医療機関および保険医療養担当規則」によって、発行日を含めて原則4日間と定められています。例えば4月1日に発行された処方せんなら、4月4日まで有効です。この4日間には土日や祝日も含まれますので、年末年始やゴールデンウィークなど、4日間でお薬を受け取れない場合には診察時に事前に医師へご相談ください。
Q.処方せんはどこの薬局に持っていってもいいの?
医院などでもらった処方せんは全国どこの薬局でも受け付けております。
Q.病院で保険証を提示しているのに薬局でも見せなくてはいけないのですか?
処方せんにも保険証の番号は記載されておりますが、誤った保険番号が記載されていたり、保険証の有効期限が過ぎていたりする場合、再度調剤に係わる給付費の請求が必要となり患者様にもご迷惑をおかけすることがあります。そのような事態を防ぐため、薬局でも保険証の確認をさせて頂いています。
※保険証の提示義務については健康保険法施行規則第54条にて定められております。
Q.クレジットカード、電子マネーの取り扱いはありますか?
カネヨ薬局 蓮根店(板橋区蓮根)、さんさん薬局(板橋区志村)、さんさん薬局 三ヶ日店(浜松市北区三ヶ日)では、2020年7月よりクレジットカード決済(VISA/MASTER)の取り扱いを開始予定です。
Q.ジェネリック医薬品ってどんなもの?
先発医薬品の特許期間の終了後に先発医薬品と効き目が同等であることを証明する様々な試験を実施し、厚生労働省の承認を得て、製造・販売される医薬品の事です。
お薬を開発した会社と別の会社が同じ有効成分を使って製造・販売することで、先発医薬品よりもコストを抑えることができます。
ジェネリック医薬品の値段は先発医薬品の6割程度になります。
錠剤を小さくしたり、水なしで飲めたり、飲みやすくする工夫がされた最新のお薬です。